スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

同室に入院していた女の子のために、停電した暗闇の病院を走り叫んだ

今までにあった修羅場を語れ 4
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1372151374/


810 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/23(金) 19:12:20.35 ID:6yL6B3nq

二十代前半の時に病気で入院をした。一ヶ月程の入院で、ずっと立ってるのは無理だけど
移動式の点滴を持ってトイレに行って帰って来れる位に回復した頃に
向かい側のベッドに、高校生位の女の子が入院して来た。
四人部屋だったけど私一人だけだったから、実質二人部屋みたいになった。
軽く挨拶だけしてその日は終わった。
女の子は入院した次の日に即手術だったので
向かい側はバタバタとしていた。手術が終わったのは夜中らしく
私が寝ている時に物音が聞こえたから、女の子が帰って来たんだなぁと思い、また寝た。







次の朝起きて、向かいを見たら、女の子は術後の傷が痛いらしく、グッタリしていたのを覚えてる。
そしてその日の夜中、地震が発生。
地震発生の少し前から、私は何故か眠れずベッドでボーっとしていた。
すると、地面の底から地鳴りみたいな音が聞こえて、次の瞬間バーン!と破裂したみたいな音がして大きく揺れた。
そして次に向かいのベッドから、女の子の悲鳴が聞こえた。
そうだ!あの子、立てないんだ!と思い、自分の点滴の袋をつかんで起き上がり、まだ揺れてる病室の中、女の子の所にいそいだ。



812 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/23(金) 19:25:25.63 ID:aSE3ZJlk

>>810
紫炎



811 名前:810[sage] 投稿日:2013/08/23(金) 19:25:22.23 ID:6yL6B3nq

起き上がった瞬間、自分の下っ腹にも鈍痛が走る。
消灯の時間をとっくに過ぎていたので、明かりと言ったら足元についている小さな電灯だけ。
歯を食い縛って痛みを堪え、女の子のベッドのカーテンを開け
「大丈夫!?」と声を掛けると、薄暗い中から女の子の小さな声が。
「助けて下さい...痛い、痛いよぉ...。」と。
良く見ると女の子の横にあった、移動式の点滴をかける器具が
女の子のお腹の辺りに倒れていた。手術がした後の傷の上に直撃したみたいだった。
慌ててどかして、ナースコールを鳴らすも繋がらない。停電していた。
病院の廊下からは入院患者の悲鳴で溢れていた。その中をバタバタ走る看護師さんの足音。
夜中だったので、看護師さんの人数が少なく対応しきれていない状況。
私も何とか廊下に出て「助けて下さい!!」と叫んだ。
それでも、皆パニック状態で助けが来ず
女の子の元に再び駆け寄り、泣いてる女の子の頭をずっと撫でて励ましていた。
停電はすぐに回復し、明かりが次々に着いた。やっと看護師さんが来て「この子のお腹の上に点滴の器具が倒れていたんです!
痛がってます!助けて下さい!」
と言い、女の子はすぐに運ばれて行った。安心したのも束の間、次に自分の腕から点滴が外れている事に気付き
立ったり走ったり無理な体勢をとっていたので
下っ腹の鈍痛が加速して、最後にナースコールを押してそのまま気絶した。



813 名前:810[sage] 投稿日:2013/08/23(金) 19:32:37.96 ID:6yL6B3nq

目が覚めたら、見慣れた病室だった。
点滴が外れた腕が思いっきり腫れていた。けど、それ以外にはお腹が少し痛いだけで後は何もなかった。
顔だけずらして向かいのベッドを見たら
女の子と目が合ってお互いホッとした顔になった。話をしたいけど、互いに疲れていてその日は何も話さず、ひたすら寝た。
次の日には大分回復し、女の子も術後初めてのご飯と言う事で少し起き上がっていた。
女の子の家族の方がお見舞いに来て、大変感謝をされた。
で、良く良く話してみると高校生だと思ってた女の子は自分よりも三つ年上だった。私の方が先に退院になったけど、最後は女の子と握手してわかれた。

あの日の地震の震度は5弱位だった。
古い病院で、入院していた場所が5階だった為に実際よりもかなり揺れた。
住んでる所に大きな被害はなかったけど、点滴つかんで暗闇で走ったり叫んだりしたのが修羅場だった。
長文すみません。



814 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/23(金) 20:00:27.00 ID:aSE3ZJlk

>>813
ふたりとも無事でよかった

あの時はほんとに怖かったうちもその震度でした



815 名前:810[sage] 投稿日:2013/08/23(金) 20:11:33.08 ID:6yL6B3nq

>>814
ありがとう。
病院の中で怪我をした人は誰もいなかったみたいだったよ。
入院していた所が、産婦人科で、産科の方は出産を控えてる方や出産直後の方が沢山いたのでパニックだった。
こっちは婦人科病棟だったんだけど、お年寄りの方もいるし、真っ暗だったし何も見えず、看護師さんの持っている懐中電灯だけが唯一の明かりだった。



816 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/23(金) 22:18:17.39 ID:DCt9xqB9

>>814
あの時、って?



817 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/24(土) 00:37:28.31 ID:MaebNvNg

揺れ方の表現で阪神かと思った



818 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/24(土) 00:47:02.75 ID:v8xCYuOJ

阪神は明け方。



821 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/24(土) 00:58:28.41 ID:v8xCYuOJ

2009年の静岡のも朝方だし、奥尻島が11時前くらいだっけ。



はてなブックマークに追加

関連記事


【聞いた体験した】のカテゴリ一覧
  1. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/25(日) 12:53:58 コメNo.113633
  2. 病院で何かあると無性に怖いよな
    おそらく一番安全な場所なんだろうけど本能的な忌避感がおこる
    後で考えるとどうということでもないんだけど



  3. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/25(日) 13:54:13 コメNo.113637
  4. 実際、治療・手術で動けないし勝手も分からないからそりゃ恐いわね…
    術後で動けない時に大地震とか恐怖どころじゃないわ



  5. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/25(日) 19:20:18 コメNo.113678
  6. ※1
    病院は一番安全な場所なんかじゃないよ
    大きな総合病院で建物や設備も新しいならともかく
    たいていは病棟を何度も増改築したりして、階同士の継ぎ目さえぼこぼこなことが多い



  7. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/25(日) 23:52:45 コメNo.113700
  8. 友人が、震災の時出産の最中だったって言ってたなー
    せっかく頭が出てきてたのに、中に引っこんじゃったらしくて
    また出すのが大変だったそーな・・・無事で良かったよ



  9. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/26(月) 08:59:35 コメNo.113728
  10. そういえば静岡で地震なんてあったっけ
    東日本ので上書きされて忘れてたわ



  11. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/26(月) 15:41:54 コメNo.113770
  12. 病院が安全な場所のはずとか、学校が安全な場所のはずとか、ただ単に自分が無謬の被害者でいたいだけのクズが責任転嫁するセリフだよ。



  13. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/26(月) 18:18:56 コメNo.113800
  14. 自分も病気で大変だったろうに優しい人だ
    今幸せだといいなあ



  15. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/28(水) 04:25:32 コメNo.114005
  16. 数ヶ月前に婦人科で手術したけど、術後が出産より痛いんだよね
    本当に歩けない
    夜は激痛で眠れない
    よく、他人まで心配出来たなあと思うよ



  17. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2013/08/28(水) 16:18:36 コメNo.114096
  18. 二十年くらい前だが、東京で真夜中に震度5があったな。あれじゃないかな。
    私は子どもだったけど、家具がめちゃめちゃ揺れて家じゅうパニックになった思い出だ。



コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
お暇なときに

スポンサードリンク
鬼女・毒女記事一覧
一週間分最新記事
月間人気ページ
最新コメント
折りたたみコメント一覧
Comments<>+-
Trackback <> + -
ひきずりまわし


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。