スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

父に納棺師になりたいと言ったら差別されるからやめろと猛反対された

名前:匿名[] 投稿日: 14/02/08 01:45

納棺師ってそんなに差別的な職業なのでしょうか?
切実に悩んでいます・・・
おくりびとで納棺師がこんなに世間に知れ渡っていない数年前、
私はこの職業に付きたくて、でも、父に猛反対され泣く泣く諦めようと
自分に言い聞かせて過ごしてきました。

反対された理由は、納棺師などのご遺体に関わる仕事は日本の歴史の上で
差別を受けてきた職業なので未だに社会的に認められているものではない。
(監察医や検視官は国家試験などで資格が要り国に認められた職業なのでいいらしいです。)
そんな、わざわざ差別を受けて苦労する道を自分の子供には進んで欲しくないと言われました・・・

でも今、おくりびとで世間に知れ渡り、知恵袋で調べてみても差別的な回答は全く見当たりませんでした。
そこで、お聞きしたいのですが納棺師って実際、現実では未だに差別や偏見の目を向けられる職業なのでしょうか?

もしも自分のお子さんが納棺師になりたいと言ったら、応援しますか?反対しますか?
また、その理由を教えてくださいm(__)m
正直にお願いします。


yahoo知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php;_ylt=A7YWPQ6xo0hT.GEAWQra.fN7?page=1&qid=1323518883より





納棺師の皆様はきっと自分の仕事を誇りに思っていると思います。
私は将来葬儀業界に勤めたいと思っている者です
本気です
最後の旅立ちのときに故人の身体を清める納棺師は本当に尊敬しています
偏見も有ると思いますが私はとても良いお仕事だと思います

残念ながら差別はあります。
身内が葬儀社に勤務している知り合いがお子様の縁談断られたケースを知っています。
身内の勤務先を調べたらしいですが、年配の保守的な方々にはままあり事です。
自分自身の子供がなりたいと言ったら反対はしませんがやはり内心は心配します。

かなりされますよ。
例えば、今は葬儀社社長となっている富安徳久さんの「ぼくが葬儀屋さんになった理由」という本では、名詞を渡したけれどつき返されたとか、葬儀屋をやめないなら許せないと言われて婚約破棄されたとか、そんなに差別されるのか!という驚きの体験エピソードが書かれています。
参考までに良かったら読んでみてください。

昔は差別される仕事だったのですか?
誰にでも訪れる死なのに、納棺師というお仕事をみんな嫌がってやらなくなったら葬儀はどうなってしまうのでしょうね?
「汚らわしい」とかいう人は、自分が死んだ時は、人前にさらせないような状態のまま、火葬場まで運ばれてもいいんでしょうか?

関西在住です。
ハローワークに、おくりびと募集ってあったよと60歳の母に言うと『一段下に見られるで、やめて』と言われました。

今の時代、差別があるとは思えませんが、
私は、納棺師の方に、母の葬儀のときお世話になりました。
心の底から本当に感謝しています。
自分の大切な人の最後に、綺麗な姿にしてくれて、私達家族でもできないことを本当に丁寧にしてくださいました。
本当に感謝しています。 葬儀のときなどは、家族のものは、どうしたらいいのか右も左もわからないのです。
そのときに本当に頼りになる存在、お世話になるお仕事だと思います。

そもそも生きているヒトに接するごく普通の仕事と違って、もう息をしていない仏様に触るという意味では恐怖感があるので「よくやるよなぁ」という偏見の目があってもおかしくはないと思います。
私の父は納棺師として働いています。
私もその家業を継ぐために見習いとして今年の1月から一緒に仕事をしています。
初めは本物の仏様を見た時には、それは衝撃を受けました。
ただ見る側ではなく、実際に仏様に触って処置をし、旅立ちの衣装を着せ、女性には化粧を、男性にはヒゲそりをと儀式を進めます。そうやって何十体もの仏様と接するうちに、日本の文化の美しさ、衣装一つ一つには全て意味があるということ、仏教の美など沢山の事を学びました。
仏様が私に教えてくれたと言っても過言ではありません。
普段は単なる和室である空間が、納棺の儀には神聖な場へと変わっているのが肌で感じることができます。


全文はこちら



コメント欄の反応


はてなブックマークに追加

[ 2014/04/12 17:30 ] 生活の悩み | コメント(28)

関連記事


  1. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/12(土) 17:49:40 コメNo.135602
  2. 職業の内容自体がどうこうじゃなくて、生まれを邪推される可能性はある
    在日とかBとか
    縁談に響くのはそのせい



  3. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/12(土) 18:51:29 コメNo.135606
  4. 説得されたり猛反対で諦められるくらいの気持ちなら、差別的なこといわれたり陰口ですぐ潰れるかもね
    職業に貴賤はないとは言っても、表だって差別はしないけど身内になるのは嫌みたいなことはどうしてもあるよ
    仕事自体は需要のあるものだし真面目に働いてる人に対して特別な感情も感想もないんだよね、それがどこかの誰かなら

    例えとして相応しくないかもしれないけど、個人的には同性愛者に対する感情に近いな
    赤の他人はもちろん友人や知り合いがそうであるのは構わないし理解も示せる
    でも自分の親兄弟(姉妹)となると事情が変わってしまう感じというのかな?
    知人ですら無理で関わりたくないし存在自体肯定できない人もいるよね

    「差別がなによ!」「この仕事に誇りを持ってますが何か?」くらいの気持ちがないとやってけない仕事なんじゃない?
    9-17時の会社勤め以外難癖つけるような人種もいるからね
    他人の意見が気になってしまうなら向いてないんだよ



  5. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/12(土) 19:03:10 コメNo.135607
  6. 父親一人だけが差別的なのか、父方&母方親戚も差別的なのか、報告者が住む地域全体が偏見もちなのか分からないから、何とも言えない。


    本人一人の縁談が断られるならともかく、親戚一同の身に降りかかってくることだからね…。
    本人が良くても、じゃあ親戚の縁談が潰れまくるのはどうなの? と思うし。



  7. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/12(土) 21:25:21 コメNo.135611
  8. 差別が起こりえる職業であることを人に聞かなければわからないっていうのが
    仕事に向いてないことの証左だわ



  9. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/12(土) 22:51:41 コメNo.135618
  10. ご遺体に触れる機会が多いってことは、感染症とかも心配になるな
    ゴミ処理場勤務の知人が肝炎になっちゃった・・・仕事のせいか、までは聞いてないが



  11. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/12(土) 23:31:36 コメNo.135623
  12. 葬儀屋です。
    産まれてこのかた差別的な目で見られた事はない。
    結婚も、旦那の親族&知人は「玉の輿だ」とまで言ってくれた。
    (実際は全然お金持ちでもない)
    純粋に日本人だしなぁ。



  13. 名前:名無しさん 投稿日:2014/04/12(土) 23:50:02 コメNo.135629
  14. 差別的な目で見られる可能性は当然あるでしょ
    地域的なものが大きいから
    映画のモデルは歴史的差別のあまりない北海道の人だし
    質問者の周りの状況がわからない以上質問が無意味だけど
    それだけ反対されたってことは
    大小はあるだろうが差別される可能性は高い
    長く生きてきた親の意見は一考に値する



  15. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 07:10:06 コメNo.135647
  16. 映画を見て~なんてミーハーな理由でなるのは確かに恥ずかしい



  17. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 08:18:52 コメNo.135648
  18. 親が正しい
    職業差別は厳然と存在する

    どうしてもやりたいならやればいいとおもうけど、そのせいで縁談が壊れても他者を恨まない覚悟が必要

    ※8
    高校生の就職動機なんてその程度のものが普通だろ
    高いココロザシなんて、まずありはしないさ



  19. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 08:26:33 コメNo.135649
  20. 納棺師になりたい理由が一つも書いてないから分からないけど、親の顔や人の目気にして諦められる程度ならやらない方がいいと思う
    本当にやりたいなら差別なんて気にしてこんな所の意見求めてる暇に、迷惑かける親や親戚に頭下げて廻ってるはず



  21. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 08:56:38 コメNo.135650
  22. 遺体が常に布団の上で往生したようなものだったらいいが
    実際は不慮の事故なんかも大多数あるわけでそんな遺体の世話して
    それ以外何も出来ない人間のまま一生過ごす覚悟があるならいいんじゃないか
    職業の貴賎もさることながら将来見えなさすぎ



  23. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 09:32:37 コメNo.135651
  24. 映画のなかでも主人公が嫁に子供が差別されるとか言われてたな



  25. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 10:31:25 コメNo.135654
  26. 自分は親の仏様にすら怖くて怖くて触れられなかった
    神聖なものというよりドライアイスで冷え切った肉体や半開きな口からはみ出す脱脂綿を現実として受け入れられず恐怖しかなかった
    手を握る事すら出来ず、布団の上から撫でる事しか出来なかった
    だから納棺の時、この職業の人にリードしてもらえて心から救われた

    この話をしたら「血も涙もない奴だ」「親に感謝は無いのか」と詰られた
    どうして怖かったのかわからない



  27. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 10:36:02 コメNo.135655
  28. ほとんどの人は差別なんてしないでしょ
    内心で見下していても普通の大人は表に出さない
    でも残りの1割か2割かの人は差別する可能性があるのも事実
    8割の人が気にしないなら幸せだ!と思うのか
    2割も差別されるなんて信じられない!つらい!と思うのかは人による

    2割の人に出会わない人もいるけど
    最初からその可能性にかけて職業を選ぶのは無謀



  29. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 21:08:53 コメNo.135672
  30. 職の歴史や謂れ位は知っておいた方が良いよな。
    あと納棺師に偏見がなくとも元々潜在的にケガレを嫌う民族だから、家業を継ぐでもないのに『自分の子がなる』となったら反対する方が多数だと思うよ。



  31. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/13(日) 22:38:28 コメNo.135674
  32. 死はケガレで忌み嫌われてた(る?)から、仕方ないかな
    今は、昔よりは少しはオープンかもね
    映画にもなったし、普通の人もあえてその仕事に携わりたいって、小さいながら会社立ち上げて働いてる人知ってるし



  33. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/14(月) 06:47:11 コメNo.135692
  34. 反対する親を説得する熱意とか、あるいは反対を押しきって絶縁さえ覚悟して就く熱意とかないならやめといた方がいいと思うね
    昔に比べたら差別や偏見はへっただろうけど、それでも普通の会社や工場やなんかにくらべたら違う目で見てくる人は多いんだから



  35. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/14(月) 10:08:51 コメNo.135701
  36. 人の行き着く事に対して免疫が無いのを親だからこそ知ってるけど
    それを言っても通じなさそうだから世間体を持ち出した可能性もあるよな

    でも送ってくれる人がおらなんだら送ってやる事もできないわけで
    生きておれば誰もが行き着くところではあるわけだし
    謗りをスルーできる強さがないならやめとけとしかいえない
    なきがらを扱うのは葬儀屋だけじゃないよな。医者だってそうだし
    医者はおkで納棺師がアカンってのも変な話だw



  37. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/14(月) 17:58:48 コメNo.135725
  38. 「今時の日本で差別はない」的な意見があったけどそんな事は無い。外国人や障害者、職業等々まだまだ差別はある。表立って出さないけれど漏れてる人達は沢山いる。



  39. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/15(火) 11:27:42 コメNo.135774
  40. 同和とかに『敏感』な地域ならそうかもね。
    関東/東北なら別にどうってことない。



  41. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/15(火) 12:51:03 コメNo.135782
  42. やりたくない人が多い仕事をやりたいと思う人は素晴らしいと思う



  43. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/15(火) 13:26:12 コメNo.135787
  44. いずれお世話になる職を馬鹿にするような人間は生まれがどうあれ性根が腐ってるよ



  45. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/16(水) 06:46:14 コメNo.135829
  46. ※13
    ひどい人たちだね
    自分も若いうちに母親を亡くしたけど手があっという間に冷たくなってとても怖くなった
    もうそこに自分の見知った人はいないという感じなんだよね
    死んでしまって魂というか、意思は消失してしまったわけだから
    それでなくとも「死」を間近にすれば怖いもんだし、しょうがないよ



  47. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/16(水) 11:26:01 コメNo.135838
  48. 「おくりびとが知れ渡り~~」って何度も書いてるけど
    寅さん映画が人気だからってテキヤの地位が向上したわけでもないし
    テキヤが立派な商売と認知されたわけでもないような



  49. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/16(水) 14:40:25 コメNo.135849
  50. あからさまに普段から差別されることはないだろうよ
    だがいざってときには分からない
    弟妹や子供の縁談に差し支えるとかな



  51. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/16(水) 14:45:56 コメNo.135850
  52. 純粋な話、ゴム手袋してご遺体清めるわけでもないのなら、感染症が怖いなと思ってしまうよ。
    私が見た中ではみなさん素手でやってましたから。
    まったく知識がないからの恐怖だけど、肝炎とかある程度うつる病気持ってた場合死んだら即感染しなくなるってもんでもないだろうから。

    ただ、職業的には見下す点は一つもないけど、いつ何時よばれるかもしれないというところは大変だなとしか思わない。



  53. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/21(月) 08:50:47 コメNo.136084
  54. 納棺師です。私は周囲の環境が良かったのか、一回も差別的なことを直接されたことも言われたこともありません。逆に大体の方が「すごい、偉い、立派だ」と言われます。その言葉の真意(?)はわかりませんが、嫌な気持ちになったことはありませんでした。結婚も出来ましたし。納棺師は力仕事で神経も使いますが、やりがいのある仕事です。相談者さんが無事納棺師になれますように。



  55. 名前:鬼女と喪女と名無しと 投稿日:2014/04/28(月) 02:42:34 コメNo.136449
  56. 差別はともかく子供にやらせたいと思う職業じゃないことは確かだろ。
    3Kの要素は全部余裕で満たしてるんじゃない?
    死に触れる職業でも資格職や公務員なら収入・安定的に少しは安心できるけど
    精神的,体力的に長く続けられるか分からない民間の職業だから将来的にも心配だ。
    誰かがやらねばならない大事な仕事だけど,身近な人がなりたいといったらひとまずは反対すると思う。



コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
お暇なときに

スポンサードリンク
鬼女・毒女記事一覧
一週間分最新記事
月間人気ページ
最新コメント
折りたたみコメント一覧
Comments<>+-
Trackback <> + -
ひきずりまわし


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。